「るるパーク」は大分農業文化公園の新愛称です。入園無料・駐車場無料!四季折々 の美しさを活かしたイベントやキャンプが楽しめます。

facebook Instagram
イベント報告ブログ

2023.01.26

屋内つばき園で「王冠(Ōkan)」「朱月(Syugetsu)」が開花しています。

屋内つばき園では現在30品種程度のツバキが開花しています。今日ご紹介するのは「肥後ツバキ(Higotsubaki)」です。

以下、「最新 日本ツバキ図鑑」(日本ツバキ協会編・誠文堂新光社)から引用します。

「肥後ツバキは外部と隔絶した武士の愛好家集団である「花連」によって発達・引き継がれてきたもので、一重、大輪で梅芯咲きの特異な花形の品種群を発達させた。観賞方法も独特で、幹の屈曲を意識した見事な盆栽仕立てを発達させてきた。」

花びらが平らに開くことと、梅の花に似た雄しべが特徴です。

 

▼「王冠(Ōkan)」

▼「朱月(Syugetsu)」

▼ミニ椿も開花中!

 

ツバキは「多様性の花」です。
咲く時期は秋から咲き始めるもの、真冬に咲くもの、3月に入り暖かくなってから咲くもの、4月にようやく咲くもの(冬の花という印象が強いようですが、開花最盛期は3月です)。

花のサイズは小指の先ほどの小さな花から直径15センチ以上の花。

花の形はスタンダードなものからバラのようなもの、これがツバキ?と思うようなもの。実に多彩です。

 

ツバキはサクラ(ソメイヨシノ)のように短期間で一気に咲き一気に散る花ではなく、長い期間にわたりゆるゆると咲き続ける花です。「〇分咲き」「満開」という概念はありません。常緑樹で艶やかな葉があるため、木全体が赤やピンクの花色に染まることはありません。
また、木自体はとても丈夫ですが花はとても繊細です。特に屋外のツバキは雨や霜や雪、蜜に集まってくる鳥や昆虫の影響で花が大変傷みやすいです。

これらのことからツバキを見慣れていないほとんどの方は「咲いていない」「花が傷んでいる」と仰いますが、植物そのものの特性や自然の影響等をあるがままに受け止め、その上で一輪との出会いを楽しむ種類の花だとご承知ください。

 

ーーーーーーーーーー

 

るるパーク(るるパークは大分農業文化公園の新愛称です)12月~2月の開園時間は 10:00~16:00 、休園日は毎週火曜日です。

各施設の営業時間は下記のとおりです。

 

■豊の国物産館

平日/10:30~16:00

土日祝/10:00~16:00

■カフェ

10:30~16:00

※カレー等の軽食は15:00オーダーストップ

■貸し自転車

10:00~16:00 ※最終受付15:30

■トラムカー(土日祝のみ運行)

10:10~15:40

※レイクサイドキャッスル発みどりの広場行最終便 15:00

※みどりの広場発レイクサイドキャッスル行最終便 15:20

■貸しボート

12月~2月は休止

■花昆虫館

10:00~16:00

 

ご来園のお客様におかれましては新型コロナウイルス感染症拡大防止対策へのご理解とご協力をお願い申し上げます。

 

1・ご来園のお客様へのお願い

・発熱や風邪のような症状がある場合はご来園をお控えください。

・ご来園の際は不織布マスクを適切に着用してください。

・園内各所にアルコール消毒液等を設置しています。こまめな消毒または手洗いをしてください。

・他のお客様との間隔をとってください。(できれば2m)

・園内での飲食は他のお客様との距離を十分に取り、短時間ですませてください。

 

2・施設の営業について

・各施設では定期的にアルコール消毒等を実施しています。

・フルーツテラスの利用は中止しています。

・イベント・体験教室は感染症拡大防止対策を講じた上で実施します。

 

お問い合わせを多くいただいている釣り禁止区域について、下記のとおりお知らせします。

禁止区域での釣りは発見次第通報します。ルールとマナーを守ってください。

釣り禁止エリアMAP(2020年)

 

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

PAGE TOP

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。