大分農業文化公園は農業体験が可能!オートキャンプやカルチャースクールなど様々なイベントを開催中です!

facebook
イベント報告ブログ

2019.06.13

辺の比が3:4:5の三角形は直角三角形

午前中に石を拾い、もう一度耕起したフラワーガーデン。

午後からは〇〇〇(まだ内緒です^^)を植えるため、基準となる線を引きました。

 

最初はまっすぐの線、そしてその線に直角の線を引きます。

190613フラワーガーデン基準線 (1)

スタッフAがテープメジャー(巻尺)の0メートルと12メートルの位置を持ち、

スタッフBが3メートルの位置を持ち、スタッフCが7メートルの位置を持つと、

スタッフAからスタッフBまでの距離は3メートル、

スタッフBからスタッフCまでの距離は4メートル、

スタッフCからスタッフAまでの距離は5メートル。

 

「辺の比が3:4:5の三角形は直角三角形」ですよね。

これを利用して直角を作り、印をつけ、線を引いて…とてもきれいな直角が出現しました。

190613フラワーガーデン基準線 (2)

数学が実際の現場で生きる瞬間を目の当たりにし、スタッフZは「美しい」と心から感動しました。

(共感してくださる方がいてくださったら嬉しいです)

 

この2本の線を基準として、〇〇〇を植えていきます。どうぞお楽しみに!

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

PAGE TOP