大分農業文化公園は農業体験が可能!オートキャンプやカルチャースクールなど様々なイベントを開催中です!

facebook
イベント
210115椿まつり

2月20日(土)~3月21日(日)「椿まつり」

毎年恒例大分農業文化公園の「椿まつり」今年は2月20日(土)~3月21日(日)まで開催します。
冬の花という印象が強いですが、3月以降、暖かくなってから咲く品種のほうが多いんですよ。ご存知でしたか?
屋内つばき園で約100品種100本、屋外のつばき園で約400品種1000本のツバキが無料で鑑賞できます(全体では約450品種)。シンプルな「これぞ椿!」という品種から「これも椿!?」という個性あふれる品種まで、ツバキの多様性にご注目ください。

<ツバキの特徴>
ツバキには「満開」という概念がありません。つぼみの一つ一つで咲く時期が異なります。サクラのように一斉に咲いて一斉に散る、という性質ではなく、ふくらんだつぼみから順次咲いていきます。長いものでは10月~3月まで咲く品種もあります。
また品種により開花時期が大きく異なります。「見ごろ」は「多品種のツバキが咲く時」なのですが、ツバキを見慣れていない方はその時期でも「咲いていない」と感じるかもしれません。
常緑樹でもあることから、サクラのように木全体が花の色に染まるということもありません。
長い期間ずっと花を楽しめる…これこそがツバキの特徴です。一輪一輪の表情の違いをお楽しみください。

<新型コロナウイルス感染症拡大防止対策について>
大分農業文化公園では新型コロナウイルス感染症拡大防止対策をとりながら「椿まつり」を実施します。お客様におかれましてはマスクの着用、手指の消毒、こまめな手洗い、三密を避ける等、感染症拡大防止対策へのご協力をお願いします。
また新型コロナウイルス感染症の状況等により中止・変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。

2月20日(土)~3月21日(日)

※毎週火曜休園(2/23は開園・2/24は休園)
9:30~17:00(2月28日までは10:00~16:00)
大分農業文化公園
画像は
椿まつり写真コンテスト2020大賞作品
「香彩」後藤善生氏
※品種名「覆輪江戸錦(ふくりんえどにしき)」

PAGE TOP